見ても食べても楽しめる「進化系おはぎ」がトレンドに!2022秋おすすめ6選

見ても食べても楽しめる「進化系おはぎ」がトレンドに!2022秋おすすめ6選

9月23日(金)は、お彼岸の中日にあたる“秋分の日”。秋分の日はおはぎを食べるという習わしがあるため、お彼岸のお供え物におはぎを用意する方も多いのではないでしょうか。おはぎというと、あん・きなこ・ごまの三色が定番ですが、最近では、さまざまなフレーバーや、見た目がかわいい「進化系おはぎ」もいろいろと販売されています。今回は、手土産や自分用にもおすすめの、キュートでおいしい進化系おはぎを紹介します!

Shufoo!プラス編集部

秋分の日におすすめ!進化系おはぎ6選

お彼岸のお供え物や連休中の手土産に、いつもとはちょっと異なる、進化系おはぎを選んでみてはいかがでしょうか。味はもちろん、見た目もかわいいおはぎなら、家族や親戚の話題の種にもなりそうです!ぜひ、参考にしてみてください。

【東京】 松也-MATSUNARI-|しゃりしゃりした氷餅がアクセントの高級おはぎ

松也-MATSUNARI- しゃりしゃりした氷餅
六本木ヒルズノースタワーにある、世界的レストラン・エルブジに従事した松岡誠也が商品監修する和スイーツカフェ「松也-MATSUNARI-」では、こだわり素材のカラフルなおはぎが販売されています。
おはぎの餅米は、数あるもち米の品種の中でも最高品質といわれる京丹後産“新羽二重餅”を使用。柔らかく炊き上げて粒を潰さず残すことで、噛むごとに広がる上品で豊潤な甘みと、むっちりした粒の粘り気が楽しめるおはぎになっています。小豆は、京都産と北海道産を中心とした厳選あずきを使用。味わいのバランスを考えて、和菓子ごとに配合を変えています。
定番の「こし餡」や「つぶ餡」のほか、白味噌を餡に練り込んだ、甘さと塩気が後を引く「白味噌」330円(税抜)、抹茶とヨモギのすっきりとした香りとほのかな苦みにしゃりしゃりした氷餅の食感がアクセントとなった「抹茶」350円(税抜)、苺の甘酸っぱい味にしゃりしゃりした氷餅の食感がアクセントとなった「いちご」350円(税抜)などがあります。
イートイン・テイクアウト両方OK。厳選されたこだわりの材料から作られた、新鮮な味わいのおはぎを楽しんでみてください。
■販売店舗:松也-MATSUNARI-(まつなり)
【住所】東京都港区六本木6-2-31 六本木ヒルズノースタワー地下1階
【電話番号】03-6804-3655
【定休日】施設の休みに準ずる
【営業時間】11:00〜20:00※営業時間は変更になる場合がある
詳細はこちら

【東京】 ナッツストック 実森|冷やして食べる“ひんやりおはぎ”

ナッツストック 実森(さねもり) 角の立つおはぎもち
2022年4月に大丸東京店でデビューしたネオ和菓子ブランド「ナッツストック 実森(さねもり)」から発売されているのは、「角の立つおはぎもち」。
このおはぎは、きりっと角の立った特製おはぎで、つるんとした瑞々しい水ようかんで薄くくるまれており、水ようかんの中には風味豊かな北海道あずきと、もちもちにつきあげた“満月もち米”で作られた“特製おはぎ”が、2個丸ごと入っているんです。価格は1棹(2個入) 540円(税込)。
さっぱりなめらかな口あたりの冷やして食べる、新感覚のおはぎを体験してみてください。
■販売店舗:ナッツストック 実森
大丸東京店
【住所】東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店1F
【電話】03-3212-8011
【定休日】施設の休みに準ずる
【営業時間】10:00~20:00

羽田空港第1ターミナル 特選和菓子館
【住所】〒144-0041 東京都大田区 羽田空港3-3-2 羽田空港国内線 第1旅客ターミナルビル2F マーケットプレイス12
【定休日】施設の休みに準ずる
【営業時間】6:00~20:00
詳細はこちら

【東京】 ohagi3 下北沢店|キュートな動物のおはぎ♡

ohagi3 動物おはぎ
無添加・手作りおはぎ専門店「ohagi3」(おはぎさん)では、“無添加おはぎ”や“オーガニックドリンク”、“グルテンフリー”など、原材料に1つ1つこだわって作られたおはぎが販売されています。看板商品の「無添加・手作りおはぎ」は、定番と季節限定を併せて6~8種類を展開。健康志向な人への手土産にもおすすめです。
そんな「ohagi3」の2022年1月にオープンした下北沢店では、下北沢店限定の「動物おはぎ」各種1個 390円(税込)を販売しています。ココナッツの白うさぎ、京きなこのクマ、抹茶のカエルの3種類。食べるのがもったいないようなかわいさで、きっと手土産としても喜ばれることでしょう。
人気の「おはぎパフェ」700円(税込)は、下北沢店ではソフトクリームとのコンビネーションで登場。日本伝統の和菓子である“おはぎ”の新しい味わい方を楽しんでみてください。
■販売店舗:ohagi3 下北沢店
【住所】東京都世田谷区北沢2丁目25-23
【電話】03-6416-8110
【定休日】なし
【営業時間】11:00~19:00
詳細はこちら

【福島】 あんことおはぎ 日々餡|曲げわっぱに入ったカラフルなおはぎ♪

あんことおはぎ 日々餡 七福おはぎ
福島県の、100年以上あんこを製造している岩村製餡工場が展開する直売ブランド「あんことおはぎ 日々餡」は、自社製造したあんこをたっぷりと使用したおはぎを販売しています。
1日2,000個を完売することもあった看板商品の大粒おはぎ「萬福おはぎ」各140円(税込)のほか、注目は、多くのメディアでも話題となったかわいらしい小粒おはぎ「七福おはぎ」1000円(税込)。
曲げわっぱの中に、七つの福がいっぱいに詰まったカラフルなミニおはぎセットで、1口サイズのおはぎを少しずつ楽しむことができます。あんこ、ごま、きなこ、ずんだをはじめとする定番おはぎに加え、季節ごとに変化する季節限定おはぎも入っています。
縁起の良いネーミングも、手土産にぴったりです♪
■販売店舗:あんことおはぎ 日々餡
【住所】福島県会津若松市真宮新町北2丁目1番地
【電話番号】0242-93-7600
【定休日】日曜日、月曜日、その他不定休
【営業時間】10:00~売り切れ次第終了
詳細はこちら

【京都】 koe donuts kyoto|ドーナツ×おはぎが合体!

koe donuts kyoto おはぎドーナツ
京都のドーナツファクトリー「koe donuts kyoto」では、自家製餡でもちもちのドーナツをくるんだ「おはぎドーナツ」が販売されています。
大納言あずきや丹波黒豆きな粉、京都の日本茶専門店「YUGEN」厳選の抹茶粉を練り込んだ宇治抹茶餡など、和を感じられるフレーバーのほか、レモンココナッツやラズベリーなどのフルーツ餡など、全部で6種類のフレーバーがラインナップ。
イートイン限定でドリンクと一緒に楽しめる3個セット850円(税込)や、手土産にぴったりな6個入り1,500円(税込)のボックスセットも販売されています。
カラフルで見た目もかわいく、小さいながらも食べ応え抜群。手土産にピッタリの進化系おはぎです。
■販売店舗:koe donuts kyoto
【住所】京都府京都市中京区新京極通四条上ル中之町557番地 京都松竹阪井座ビル1F
【電話】075-748-1162
【定休日】不定休
【営業時間】9:00~20:00
詳細はこちら

【福岡】米とあん おこめのおめかし|おはぎ×クリームが新鮮!

米とあん おこめのおめかし 定番のこめ子さん・クリーム
福岡市にある「米とあん おこめのおめかし」は、おはぎにクリームをはさんだ進化系おはぎとして、SNSやメディアで話題となりました。常時6種類のフレーバーが展開される中、1番人気は、「定番のこめ子さん・クリーム」378円(税込)。定番のあんこのおはぎに、たっぷりクリームがはさまっています。
そのほかにも、きな粉の香りが香ばしい「定番のこめ子さん・きなこ」や、福岡県八女市産の抹茶を使用した「定番のこめ子さん・八女抹茶」をはじめ、週替わりの期間限定商品「季節のこめ子さん」もあり、いろいろなフレーバーを味わいたくなっちゃいます。文字通り「おめかし」したおはぎを家族で囲んで、秋の休日を過ごしてみませんか?
■販売店舗:米とあん おこめのおめかし
【住所】福岡市南区柳瀬1丁目33-3
【電話】092-558-4513
【定休日】なし
【営業時間】10:30~17:00
詳細はこちら

今年は進化系おはぎに注目!

わっぱに入った進化系おはぎ
気になるおはぎは見つかりましたか?定番のおはぎももちろん美味しいですが、この秋おすすめの、見た目や味が新鮮な“進化系おはぎ”を味わってみてはいかがでしょうか?
秋の行楽に向けた食品やお供え物、手土産を探すなら、Shufoo!でスーパーやデパートのチラシをチェック!秋のおすすめチラシはこちら

シュフーチラシアプリのダウンロードはこちらから。
また、秋分の日の食べ物や手作りおはぎの作り方を知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

この記事に関連するワード

Shufoo! お買い物のお得がたくさん