【2022年のお月見】十五夜はいつ?準備したいお供え物や月見だんごのレシピも

【2022年のお月見】十五夜はいつ?準備したいお供え物や月見だんごのレシピも

お月見は、秋の代表的な行事のひとつ。ススキと月見団子を用意するイメージが一般的ですが、「いつ?」「何をすれば良いの?」と言った疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。お月見は毎年日にちが変わる「十五夜」に行う行事で、2022年の十五夜は9月10日(土)です。この記事では、平安時代から続く風習の由来や意味、簡単な月見だんごのレシピを紹介します。

Shufoo!プラス編集部

お月見とは|由来・意味

月見をしている女性
お月見とは、一年の中で特に月が美しく見える「十五夜」に、月を鑑賞する行事のこと。まずは、古くから続く風習の歴史や由来を見ていきましょう。

お月見の由来~始まりは平安時代~

日本には昔から月を愛でる風習はありましたが、お月見が「行事」とされるようになったのは平安時代からです。
もともとは中国から伝わり、平安貴族の間で流行した月見の宴でした。水面や盃に映る月を眺めながら酒をくみ交わし、庭園に舟を浮かべて詩歌や管弦を風流に楽しんだと言われています。
お月見が庶民の間に広まったのは、江戸時代に入ってからです。その後、意味合いが変わりながらも、現代に至るまで広く親しまれる風習となりました。

お月見の意味~貴族の遊びから収穫を祝う行事へ~

江戸時代に入り、お月見は「貴族の遊び」から「収穫祭」へと意味合いが変わります。それは、お月見が作物の収穫時期と近いことから、月に収穫を感謝するという意味が込められるようになったからです。
また、太陽と月は「陽と陰」の関係にあり、月は陰=「お陰(かげ)さま」の精神に通ずると考えられました。このことから、お月見は「月に向かって豊作を喜び、感謝と祈りを捧げる収穫祭」として定着したとも言われています。
子どもにお月見の意味を説明するときは、「秋にたくさんの食べ物がとれるように、月に向かってお願いと感謝をするためにお月見をする」や「昔から、1年でいちばん月がきれいな日に月を眺めると良いことがあると言われている」などが分かりやすいでしょう。

【2022年】お月見をするのはいつ?

月を背景にお月見の文字が書かれているイラスト
お月見をするのは十五夜というイメージがありますが、日本では「十三夜」「十日夜(とおかんや)」に行う場合もあります。ここからは、2022年ではそれぞれがいつなのか・どんな日なのかを紹介します。

2022年の「十五夜」は9月10日(土)

多くの場合、お月見は十五夜に行います。十五夜とは中秋と呼ばれる旧暦8月15日のことで、2022年では9月10日(土)です。旧暦は月の満ち欠けを基準とし、新暦では太陽の動きを基準とするため、毎年日付にズレが生じます。
また、月の見え方は太陽と月の位置関係によって決まるため、日本の十五夜に必ずしも満月が見えるとは限りません。しかし「中秋の名月」とも言われるように、満月ではなくても美しい月が見られる日であることに変わりないと捉えて良いでしょう。
月の神様に豊作の祈りを捧げる日とされていますが、現代では日々の出来事や結実に対する感謝をする場合もあります。

2022年の「十三夜」は10月8日(土)

旧暦の9月13日~14日の夜が十三夜。十五夜の次に月が美しいとされる日で、2022年では10月8日(土)です。日本独自の風習で、現代の十五夜と同様、豊作を祈る行事として親しまれてきました。
十五夜か十三夜のみを行うことを片月見(かたつきみ)と呼びます。これは縁起が良くないとされているため、お月見は十三夜と十五夜のどちらとも行うのがおすすめです。

2022年の「十日夜(とおかんや)」は11月3日(木)

十日夜は、翌年の豊作を願う気持ちがより強く込められた行事です。旧暦の10月10日を指し、2022年では11月3日(木)が十日夜となります。十五夜・十三夜・十日夜の3つ(3月見)すべてが晴れたときに見えると、縁起が良いとされてきました。
十日夜は東日本中心の風習で、西日本には「亥の子(いのこ)」と言われる類似した行事があります。

お月見の流れと、お供え物の準備

満月とすすきと積まれた月見団子
今年の十五夜には、お供え物を準備して美しい月を眺めてみてはいかがでしょうか。当日の流れと、準備したいお供え物について説明します。

お月見当日の流れ

1. お供え物を準備する
月見だんごやススキなどを準備して、月が見える位置に並べます。
2. 美しい月を鑑賞する
部屋の電気を消し、月明かりの中で美しい月の姿を鑑賞します。
3. お供えしただんごなどを食べる
月見だんごは月へのお供え物ですが、しばらく供えた後は、感謝を込めていただきましょう。

お月見に欠かせないお供え物

【月見だんご】
月に見立てた丸いだんごを「月見だんご」と呼びます。後ほど作り方を紹介するので、手作りで準備したい人はそちらもチェックしてみてください。
【ススキ】
十五夜は米の収穫期であることから稲が飾られていましたが、しだいに形が似たススキが使われるようになりました。切り口の鋭いススキは魔除けになるとされていて、庭に立てたり、玄関先に吊るしたりするのが一般的です。スーパーや生花店などで購入できます。
【旬の果物など】
栗・ブドウなどの果物や、9月が旬の作物をお供えするのも良いでしょう。ちなみに、月見だんごや果物などをお供えする際は、十五夜にちなんで15個(もしくは5個)、十三夜には13個(もしくは3個)をピラミッド状に積むのが習わしとされています。
9月が旬の食べ物をくわしく知りたい人は、こちらの記事がおすすめです。

子どもと一緒に作れる月見だんごレシピ

家族で料理をしている場面
子どもがいる家庭では、親子で手作りの月見だんごに挑戦するのもおすすめです。月見だんごは材料も手間も少なく、初心者でも簡単に作れます。ここでは基本とアレンジ、2種類のレシピを紹介します。

基本の月見だんご

お皿にのっている複数の月見団子
<材料:15個分>
・だんご粉 100g
・水 80cc
1.  だんご粉に水を少量ずつ加えこねる
2.  耳たぶくらいのやわらかさになったら丸く形を整える
3.  沸騰させたお湯で、だんごをゆでる
4.  だんごが浮き上がったら、さらに2分程度ゆでる
5.  だんごを冷水で冷やし水気を切る
6.  バットに並べて表面が乾いたら皿に盛り付ける
お好みで、きな粉や黒蜜をかけるのもおすすめです。

<アレンジレシピ>カラフルな月見だんご

串に刺さったカラフルな月見団子
<材料:15個分>
・だんご粉 100g
・水 80ml
・砂糖 大さじ3
・ヨモギ粉 小さじ1と1/2
・食紅 適量
<作り方>
1.  ヨモギ粉は熱湯につけておく
2.  だんご粉に砂糖を加えて、水を少しずつ足しながらこねる
3.  耳たぶくらいのやわらかさになったら3等分する
(3色のだんごを作るので、1つはそのまま。他2つは、ヨモギ粉と食紅をそれぞれ練り込む)​
4.  ヨモギ粉は水を絞ってから練り込む
5.  食紅は好みのピンク色になるまで少量加える
6.  丸く形を整えてゆでる(浮き上がってきたらそのまま2分)
7.  冷水で冷やし水気を切る
8.  表面が乾いたら串に刺して皿に盛り付ける

お月見の歴史や由来を知って、お月見を楽しもう

月に照らされた美しいススキ
お月見は美しい月を眺めるだけではなく、月に収穫を感謝する秋の行事です。お供え物の準備も含めて楽しめるお月見行事を、家族で計画してみてはいかがでしょうか。当日はゆったりと月を眺め、贅沢な時間を過ごしてください。
お月見のお供え物の準備には、近所のスーパーのチラシやタイムセールなどの情報がチェックできるShufoo!(シュフー)がおすすめです。また、秋のおすすめチラシもあわせてチェックしてみてください。
シュフーチラシアプリのダウンロードはこちらから。

この記事に関連するワード

Shufoo! お買い物のお得がたくさん