野菜をおいしく食べよう!3種類の人気サラダ、基本レシピとアレンジ

野菜をおいしく食べよう!3種類の人気サラダ、基本レシピとアレンジ

8月31日は「野菜の日」。野菜をたっぷり食べられるメニューと言えばサラダですが、サラダの種類の中でも比較的耳にすることの多い「シーザーサラダ」「コブサラダ」「コールスローサラダ」。今回は、基本の作り方や、具材や味付けをアレンジしたレシピを紹介します。サラダで手軽においしく野菜の摂取量を増やしてみませんか?

Shufoo!プラス編集部

人気のサラダ3種類を紹介

サラダを作る人
サラダとひと口に言っても、さまざまな種類があります。サラダの名前の多くは、地名や人名などが由来です。はじめに、人気のサラダ3種類について、由来や特徴を解説します。

1. シーザーサラダ

シーザーサラダ(Caesar Salad)は、レタスにドレッシングをかけてクルトンやパルメザンチーズをトッピングしたサラダです。基本の具材はレタスだけですが、近年、他の野菜やベーコン、卵なども加えたものも増えています。
名前の由来は諸説ありますが、メキシコ北西部のホテル「シーザーズプレイス」の料理人かつオーナーのシーザー・カルディニ氏の名前からという説が有力です。

2. コブサラダ

コブサラダ(Cobb Salad)は、サイコロ状にカットした具材を並べたサラダです。卵、アボカド、トマトなど色とりどりの具材が特徴。かけるドレッシングは、フレンチドレッシングが一般的です。
コブサラダはアメリカ発祥で、ハリウッドのレストラン「ブラウン・ダービー」のオーナーであるロバート・H・コブ氏によって作られたと言われています。コブ氏の名前がサラダ名の由来です。    

3. コールスローサラダ

コールスローサラダ(Coleslaw Salad)は、千切りキャベツにマヨネーズが効いたドレッシングを和えたサラダです。キャベツのやわらかさとドレッシングの酸味が特徴です。
発祥国は不明。名前の由来はオランダ語でキャベツサラダを意味する「koolsla(コールス)」からと言われています。

サラダレシピ(1)シーザーサラダ

食卓に置かれたシーザーサラダ
ここからは、サラダの種類別に基本のレシピと、ひとひねり加えたアレンジレシピを紹介します。まずはシーザーサラダです。野菜はレタスだけですが、カリカリのベーコンとクルトンが食感にアクセントを出し、パルメザンチーズのトッピングが濃厚な風味を生み出します。

基本のシーザーサラダ

ロメインレタスやクルトン、パルメザンチーズで作る基本のレシピを紹介します。
<材料:2人分>
・ロメインレタス 3枚
・ベーコン 1枚
・クルトン 適量
・パルメザンチーズ   小さじ1
・黒こしょう 少々
[ドレッシング]
・おろしにんにく 小さじ1
・マヨネーズ   大さじ2        
・酢 小さじ2
・塩 少々
<作り方>
1. ボウルに[ドレッシング]の材料を入れて混ぜ合わせる
2. ベーコンを1cm幅に切る。油を入れずに熱したフライパンにベーコンを並べ、カリカリになるまで弱火で焼く
3. ロメインレタスを葉先から一口大(約3cm四方)にちぎる
4. ボウルにロメインレタス、ベーコン、クルトンを入れ、ドレッシングを加えて和える
5. ロメインレタスを器に盛り付け、さらにクルトンとベーコンを盛り付ける。パルメザンチーズと黒こしょうをかける

<アレンジ>アンチョビで香り豊かに

アンチョビを混ぜたドレッシングと温泉卵が野菜に絡み、大満足の味わいに。
<材料:2人分>
・好みのサラダ野菜(レタス、サラダ菜など) 60g
・ベーコン 1枚
・温泉卵 1つ
・クルトン 適量
・粉チーズ 適量
[ドレッシング]      
・マヨネーズ 大さじ5
・砂糖 小さじ1
・アンチョビペースト 小さじ1
・サラダ油 70ml
・すし酢 大さじ2
・おろしにんにく 小さじ1
・黒こしょう 少々
・塩 少々
・卵黄 1つ分
<作り方>
1. 塩と黒こしょう以外の[ドレッシング]の材料をボウルに入れて混ぜ合わせる。塩や黒こしょうで味を整える
2. ベーコンを1cm幅に切る。油を入れずに熱したフライパンに並べ、カリカリになるまで弱火で焼く
3. サラダ野菜にドレッシングを適量からめて器に盛る
4. 温泉卵、焼きベーコン、粉チーズ、クルトンなどをトッピングする

サラダレシピ(2) コブサラダ

盛り付けられたコブサラダ
続いて、アメリカ生まれのコブサラダです。サイコロ状にカットした色とりどりの具材が入ってボリューミー。カラフルな見た目も楽しく、パーティーシーンでも活躍するサラダです。    

基本のコブサラダ

具材の大きさを揃えてカットし、彩りを考えてバランス良く盛りつけるのがコツです。
<材料:2人分>
・ロメインレタス(レタスでも可) 80g
・アボカド 1/2個        
・ミニトマト  6個        
・サラダチキン 50g
・ベーコン 2枚        
・ゆで卵 1個        
・チーズ 30g
[ドレッシング]
・マヨネーズ 大さじ3        
・トマトケチャップ 大さじ2        
・ヨーグルト 大さじ1        
・クミンパウダー 少々        
・コリアンダーパウダー 少々        
・唐辛子粉 少々        
・塩 少々        
・こしょう 少々    
<作り方>
1. 1cm幅にカットしたベーコンを中火でカリカリになるまで炒める
2. レタスは食べやすい大きさにちぎる
3. ミニトマトは縦に4等分、サラダチキンとチーズは1cmの角切り、ゆで卵は1cm大の乱切りにする
4. アボカドを1cm角にカット。変色しないようにレモン汁(分量外)をかける
5. 器にレタスを敷き、他の具材をバランスよく並べる
6. ボウルに[ドレッシング]の材料を入れて混ぜる
7. ドレッシングをかけ、全体を混ぜ合わせる

<アレンジ>トーストに乗せて朝食に

ジューシーな野菜にとろりと溶けたチーズがマッチ。
<材料:2人分>
・食パン(6枚切り) 2枚
・スライスチーズ 2枚
・アボカド 1/4個
・コーン(缶詰) 40g
・ウインナー 4本
・ミニトマト 4個

・マヨネーズ 大さじ2
・ケチャップ 小さじ2
<作り方>
1. アボカドは1cm角にカット、ミニトマトとウインナーは5mm幅にスライスする
2. 食パンの周囲を1cm程度残し、スプーンなどで押し込んでくぼみを作る
3. 食パンのくぼみにスライスチーズを敷く。アボカド、ウインナー、ミニトマト、コーンを並べる
4. トースターで3~4分焼く
5. マヨネーズとケチャップを混ぜ合わせてビニール袋に入れ、角をほんの少し(2~3mm程度)切り落とす
6. 皿にトーストを載せ、5.を細く絞り出す

サラダレシピ(3) コールスローサラダ

食卓の上のコールスロー
最後に千切りキャベツをおいしく楽しめるコールスローサラダを紹介します。春キャベツを使って優しい甘みを楽しむのもおすすめです。    

基本のコールスローサラダ

ポイントは野菜の水気をしっかりと切ることです。千切りした後に塩水につけて野菜の水分を出しておけば、サラダが水っぽくなりません。
<材料:2人分>
・キャベツ 1/4個(200g)
・ニンジン 1/4本(45g)
・コーン 大さじ2
[ドレッシング]
・マヨネーズ 大さじ3    
・酢 大さじ1
・砂糖 小さじ2
・塩 少々
・こしょう 少々
<作り方>
1. キャベツは葉と芯に分け、ニンジンは皮をむき、食感が良くなるようにそれぞれ5mm程度の太めの千切りにする
2. 1を塩水にひたしてしんなりさせる。水気をしっかり切ってからペーパータオルで水分をとる
3. ボウルに[調味料]を入れて混ぜる
4. 3のボウルにキャベツ、ニンジン、汁気を切ったコーンを入れて全体を和える
5. 塩・こしょうで味を整えて器に盛る

<アレンジ>カレー味でマイルドに

カレー粉を加えることで、酸味がやわらぎます。
<材料:2人分>
・キャベツ 4枚
・塩 小さじ1/2
・ミックスベジタブル(冷凍) 大さじ4~5
[ドレッシング]
・マヨネーズ 大さじ3
・牛乳 大さじ1
・粒マスタード 小さじ1
・ハチミツ 小さじ1
・カレー粉 小さじ1/2
・塩こしょう 少々
<作り方>
1. キャベツは1cm角に切って塩といっしょにビニール袋に入れて揉む
2. ミックスベジタブルは熱湯をかけてザルに上げる
3. ボウルに[調味料]を入れて混ぜ合わせる
4. [調味料]を入れたボウルに水気を絞ったキャベツとミックスベジタブルを加え、混ぜ合わせて器に盛る

サラダのレパートリーを増やしていろいろな種類の野菜を摂ろう

サラダを食べる人
シーザーサラダやコブサラダ、コールスローサラダといった人気のサラダはおうちでも簡単に作れます。アレンジメニューを加えてサラダのレパートリーを増やしましょう。
野菜やドレッシングをお得にを購入する際には、Shufoo!(シュフー)で最寄りのスーパーのチラシをチェックするのがおすすめです。
シュフーチラシアプリのダウンロードはこちらから。

この記事に関連するワード

Shufoo! お買い物のお得がたくさん